売れ残りのペットたちはどうなるの?知っておくべきペットビジネスの裏側とは?

動物
スポンサーリンク

ペットビジネスの知られざる現実

コロナの影響もあってか、最近では世界中でペットの購入率が高くなってきているようです。

ペットは、自粛中の退屈なおうち時間に癒しや明るさを与えてくれます

実際、ペットを購入して家庭内に明るさが戻った方や、自粛が楽しくなった方もいるのではないでしょうか?

お迎えしたペットも、明るく、優しい家族にお迎えされて喜んでいるかもしれません。

ところで、新しくペットをお迎えするときに利用したペットショップで売れ残ったペットたちのその後を考えたことはありますか?

ペットショップで売られている犬や猫、ハムスターやうさぎなどの動物たちは皆小さくて可愛かったと思います。

ペットショップに売られているペットたちは実は皆、生後2、3ヵ月程度の若い子たちなのです。

では、なぜ若い子ばかりが販売されているのでしょうか?

理由は、若ければ若いほど売れるからです。

年齢が高くなっていけばいくほど、ペットたちの需要は低くなっていきます

こういった日本のペットビジネスは実は世界で問題になっており、批判を集めているのです。

売れ残りのペットたちはその後どうなるの?

お店の看板として飼育される

売れ残ったペットたちは、お店の看板として育てられることがあります

しかし、お店の看板として育てられる確率は非常に低いのが現実

ホームセンターや大型のショッピングモールで看板として活躍しているペットを見たことはありますか?

ホームセンターや大型のショッピングモールは次から次へとペットを仕入れて販売しているので、ペットを看板として飼うのは難しいのです。

そのため、売れ残ったペットが看板になれる可能性は低いのです。

小さなペットショップや、田舎の方のペットショップでは、仕入れるペットが少ないので看板として活躍しているペットもいます。

繁殖用として繁殖業者に引き渡される

繁殖が可能と判断された売れ残りのペットは、繁殖業者に引き渡されます。

繁殖のためだけに無理やり交尾させられ、何度も出産させられるのです

何度も出産したペットたちは当たり前ですが身体は疲弊し、ボロボロになっていきます。

人間に例えたらかなり恐ろしいですよね。

そういうことを、ペット業界は平気で行っているのです。

繁殖として使えなくなったペットはそのまま殺処分となります。

繁殖のためだけに利用され、子どもたちは色んな所に売りさばかれ、用なしになったら殺される…。

そんな悲しい扱い方をされているペットたちが日本では何万匹、何十万匹も存在しています。

殺処分される

生後半年以上たち、どれだけ値下げをしても購入されないペットのほとんどは、保健所に連れていかれ、殺処分になります

中には愛護センターに引き取られ、里親に引きとられるペットも存在しますが、ごく一部です。

母親から引き離され、狭いケージの中に何日間も入れられ、誰にも愛されることなく亡くなっていくペットたちの事を考えると、言葉も出ないですね。

ブリーダーに返品される

ブリーダーに返品され、ブリーダーが直接販売する場合もあります。

しかし、大きくなったペットは需要があまりない為、ブリーダーが返品を受け付けないこともあるようです。

運よくブリーダーに返品されたとしても、商品にはならないので繁殖用に使われたり、劣悪な飼育環境で育てられたりとペットが幸せになる道はほとんどありません。

悪徳なブリーダーだと、山などに捨てることもあるようです

どっちにしろ、ペットに幸せな運命はないということになりますね。

売れ残りのペットが発生してしまう原因

飼育環境の劣悪さ


ペットショップで飼育されているペットたちは、あまりいい飼育環境で育てられていません。

ペットショップに行って確認すると分かると思いますが、子犬や子猫が狭いケージの中に長時間飼育されていますよね。

糞や尿が長時間放置されていることもあります

エサもそんなに美味しくなさそうです。

ペットショップの店員もペットを売りたいので、抱っこ商法を使って色んな人に抱っこさせます

ペットたちは安らぐ時間もなく、色んな知らない人間達にベタベタ触られ、じろじろ見られるのでそのストレスは計り知れません。

ストレスを抱えたペットたちは徐々に元気をなくしていくので、元気のない子をお迎えしたくない客はいくら値下げをされても買わないのです。
「抱っこさせたら勝ち」 衝動買いを促すペットショップの事情

販売期間の短さ

ペットショップにいるペットのほとんどは生後8週~生後3ヵ月ほど

お店によって1歳を過ぎたペットが販売されている場合もありますが、ほとんどはブリーダーに返品されたり繁殖用として引き取られたりしています

生後3ヵ月を過ぎたペットたちは、人気が無いのでいくら値下げしても家族が決まらない事が多いのです。

この販売期間の短さが原因で売れ残りのペットが発生しています。

需要と供給のバランスが取れていない

人気の種類はどんどん売れていきます。お店側は在庫を確保しておこうとたくさん仕入れるため、供給過多になってしまい売れ残りが増えます。

売れ残りをお店に残しておけばおくほど、経費はかかり、年を取ればとるほどどんどん売れなくなっていくので、結局赤字になってしまうことが多いのです。

お店側は、いくら値下げをしても売れない経費ばかりかかるペットをいつまでも置いておくより、新しく生まれた若い子たちをどんどん売りつけた方が儲かるので、売れ残りが大量発生してしまいます。

ペットの売れ残りをなくすためにできること

ペットショップでペットを購入しない

ペットの売れ残りをなくすには、ペットショップでペットを購入するのをやめて、ペットショップを儲からなくするのです。

多くの人が、ペットショップでペットを購入しなければ、自然と赤字経営になり、ペットショップはつぶれていくでしょう

ペットショップがなくなれば、売れ残りで悲しい思いをするペットがいなくなります。

保健所や里親を募集している飼い主から譲ってもらう

保健所や、里親を募集している飼い主はたくさん存在します

実際、愛護施設や保健所は、保護犬、保護猫があふれかえっており、手が回らないのです。

ペットショップでペットを購入する前に、一度保健所や愛護施設に足を踏み入れてみませんか?

小動物や爬虫類などのペットは、ジモティやペットのおうちというサイトなどで里親を募集しているところも多いですよ。

まとめ


今回は、売れ残りのペットの行方について解説していきました。

売れ残ったペットたちのほとんどが悲しい人生を送っていることが分かったかと思います

1人1人が意識することで、救える命の数も増えるでしょう。

ペットショップでペットを購入する前に、命についてもう一度よく考えて頂きたいと筆者は願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました